過払い金について

過払い金とは、どのようなものかというと、簡単に言うと、払い過ぎたお金のことです。

 

消費者金融などの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことで、知らず知らずのうちに取られ続けてきた払い過ぎた利息になります。

 

本来支払う必要がないにもかかわらず,貸金業者に支払い過ぎたお金が過払い金であり、借入期間が5年以上で金利が18%を超える人は、過払い金が発生している可能性が高くなります。

 

過払い金に対しては、返還請求することが可能です。

 

払い過ぎたお金を計算して返還請求すれば、お金を取り戻すことができます。

 

過去に借入れの経験があり、現在借入れしていない人でも、過去にさかのぼって過払い金を請求することは可能です。

 

契約書や取引履歴がない場合でも、弁護士に相談すれば何とかなります。

 

法律には利息制限法があり、10万円〜100万円未満の借入については、18%以上の利息は絶対に取ってはいけないことになっています。

 

しかし多くの貸金業者は、この法律に違反して18%以上の利息を長年にわたって取ってきたのです。

 

過払い金は、本来支払う必要がない払い過ぎたお金なので、超過部分の金額は貸金業者から返還してもらうことができます。

 

 

 

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
債務整理後の自宅について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理後、自宅の取り扱いについて