過払い金請求について

 

多重債務から発生する過払い金返還請求の流れは、どのようになっているのかというと、まず法律事務所に依頼します。

 

過払い金の返還請求手続を事務所に頼むと、受任通知を貸金業者に発送してくれます。

 

そうすると、債務が残っていても、返済取立がストップします。

 

次に、利息制限法にもとづく引き直し計算が行われます。法律事務所は、貸金業者から開示された取引履歴をもとにして、法定金利に引き直し計算をします。

 

これにより、正確な過払い金の請求金額を出します。

 

 

金額が出たら、貸金業者への返還請求書を発送します。その後、貸金業者との返還交渉に移ります。

 

電話や書面で返還交渉を行うのですが、業者が返還に応じない場合、裁判所に訴訟を提起します。

 

貸金業者が素直に返還に応じた場合は,合意書を取り交わします。

 

その後、返還日までに入金されるかを監視します。訴訟で返還交渉することになった場合は、法律事務所が訴状を作成し、裁判所へ提出します。

 

和解案を提示して交渉を行い、和解か成立すると返還日までに入金されることになります。

 

判決の場合、判決に基づく金額の入金を行うように督促します。

 

 

 

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
債務整理後の自宅について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理後、自宅の取り扱いについて
過払い金
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。