過払い金はなぜ起こる?

過払い金はなぜ起こる

 

過払い金というのは、よく話題になりますが、なぜ過払い金が起こるのでしょう。

 

そもそも過払い金というのは、グレーゾーン金利である無効部分の利息を元本に充当していくことで発生するものです。

 

借金をして支払期間が長くなると、元本を超えて払い過ぎている部分ができてくるのが過払い金なのです。

 

過払い金は、利息の上限を定めた出資法と利息制限法との相反する二重の法律があることで発生します。利息制限法は、借入金の元本額が10万円未満の場合、年20%、10万円以上100万円未満の場合、年18%、100万円以上の場合、年15%と上限が定められています。

 

つまり、この上限を超過する部分については法律上、支払う気義務はありません。しかし、利息制限法には罰則規定がないのです。

 

一方、出資法という法律は、年利29.2%を超える利息で貸した場合、違反すると5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金が科されます。

 

利息制限法には罰則がなく、出資法だけに罰則があることから、刑事罰は科せられない中間領域のグレーゾーン金利ができてしまったのです。

 

そのことで、過払い金が発生するようになりました。

 

関連ページ

多重債務に限界を感じたら
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。多重債務に限界を感じたら・・・
借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
ペットローンの滞納
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。ペットローンの滞納について。
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
債務整理後の自宅について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理後、自宅の取り扱いについて
過払い金
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
過払い金請求について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。過払い金請求について
困ったら・・・
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
自己破産という方法
借金でどうにもならない方に、自己破産という方法など最短で多重債務を減らしていく方法です。
借金の時効について
借金の時効について
債務を負うということ
債務を追うということについて。
主婦の多重債務・多額借金
最近主婦の多重債務者、多額借金が増えている層です。