自己破産の手続き

自己破産の手続きは、同時廃止手続の場合、法律事務所が受任後、貸金業者の取立と返済をストップします。その後、利息制限法の法定金利への引き直し計算をして、申立書類の準備をします。

 

 

裁判所で受付を済ませて裁判官と面接を行った後、破産手続開始決定となります。そして免責審尋をした後、免責許可が決定します。免責許可決定後1ヵ月経過すると、免責許可決定が法的に確定します。

 

 

自己破産するには、裁判所に破産申立書を提出しないといけません。申立書には、住民票や債権者一覧表、課税証明書、通帳の写しなどの書類を添付する必要があり、自分の負債状況と資産状況について正確に記載する必要があります。自己破産する理由と借金が増えてしまった原因などの事情を裁判所に説明する書類もいります。

 

 

複雑な手続きが必要になるので、自己破産は自分で手続するより、弁護士に相談して手続きする方がスムーズに進みます。無料相談を行っている法律事務所に行けば、自己破産に必要となる費用について相談に乗ってくれます。

 

 

自分で自己破産を申請した場合と弁護士や司法書士に依頼した場合では、費用は大きく違ってきます。

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
債務整理後の自宅について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理後、自宅の取り扱いについて
過払い金
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
過払い金請求について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。過払い金請求について
困ったら・・・
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。