債務整理を行った場合

多重債務で債務整理を行った場合、債務整理には、自己破産、過払い金返還請求、任意整理、個人再生などがあります。

 

多重債務で借金が支払えなくなった際に、法律上支払い義務から開放される制度になるため、債務整理を行うことで借金生活から脱却が可能となります。

 

債務整理を行うことで、借金が免除され、以前までの普通の生活に限りなく近づくことができるようになります。

 

 

しかし、デメリットもあります。最大のデメリットは、個人の信用がなくなることです。

 

任意整理や自己破産、個人再生を行うと5年から10年程度ローンを組んだり、クレジットカードが使えなくなり、新規にクレジットカードを作ることができなくなります。

 

 

それぞれの整理によってもデメリットがあります。

 

過払い金請求の場合は、二度とその消費者金融からお金を借りることができなくなる場合があります。

 

任意整理の場合は、あくまでも話し合いにより過去に払い過ぎた利息分を現在の借金と相殺することで、借金を減額する手続きとなるため、自己破産や個人再生のように強制的な借金の免除が行われず、強硬な貸金業者が相手の場合は、和解が成立しないこともあります。

 

自己破産の場合は、原則20万円以上の価値のあるマイホームなどの財産は処分される場合があったり、3ヶ月から半年間は一部の職業につけないなどの制限がかかります。

 

個人再生は、自己破産とは異なりギャンブルや浪費が原因でも手続きが可能な反面、債務整理の中でも費用や手間、時間がかかり一番手続きが複雑となっています。

 

 

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・