債務整理の手続き

多重債務が原因で債務整理の手続きの方法は、債務整理の方法によって異なります。

 

まず私的な債務整理である任意整理の場合には、司法書士や弁護士などに相談をして行うことが一般的です。

 

費用など、法律家によって異なりますので、相談をする法律家をしっかりと選びましょう。

 

公的な債務整理の方法として、特定調停による整理、個人再生手続きによる整理、自己破産による整理があります。

 

特定調停の場合には、裁判所で調停員を介して債権者と交渉をすることが出来る方法で、大よそ3年をめどに支払計画を立てることが出来る方法になります。

 

債務者自身が行う手続きとしては、最も行いやすくなります。個人再生手続きによる債務整理は、債務総額が一定限度額内の場合に行うことが出来る整理方法で、債務の一定額を返済することが出来たら、その他の債務については免除されます。

 

財産を保持しながら債務を整理することが出来ますが、申立書の作成や申立てに時間がかかるために法律家の手をかりて行うことが必要になります。

 

自己破産による整理は最終的に債務を免除してもあることが出来る公的な救済措置ですが、仕事によって資格制限が有ったり、債務の理由によっては債務の免除はできません。

 

最近では手続きが簡略化されましたので個人でおこなこともできますが、不動産などがある場合には、手続きが煩雑化することがあります。

 

 

 

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について