債務整理後の自宅について

債務整理をした後に気になるのが自宅はどうなってしまうのではないかでしょうか。

 

基本的に債務整理をしてしまうと、その後は自宅を手放してしまわないといけないと思いがちですが、方法にょっては残すことが可能となっています。

 

住宅ローンが残っている場合ですと、債務整理をするということは住宅ローンを支払わないということなので当然ですが自宅を手放すことになります。

 

逆に自宅を手放さないということは住宅ローンを支払うことになりますので債権者としては、そっちの方が良い訳です。
ですから住宅ローンはそのまま払い続け、それ以外の借金を債務整理する方法をとれば良いのです。

 

次に自宅をまだ所有していないくて、購入したいと思っている状態ですが、債務整理をした後は信用機関に事故情報が載せられてしまっているので新しく住宅ローンを組むことはできません。

 

現金の一括払いで住宅を購入することはできますが、ローンを組めないので実質自宅を購入するのは難しいと言えるかもしれません。

 

このように住宅ローンの借金のみを残す方法を取れば大丈夫になりますが、利息が高い借金だけを債務整理する方法では借金の額が多過ぎると既に住宅ローンを支払い終わった自宅がある場合も含めて、住宅だけを守るという状況が難しくなります。

 

住宅ローンのある場合は住宅ローン特則と呼ばれる制度がある個人再生を利用するという手もあります。

 

どちらにせよ借金の額によって、その後はどうなるか左右されます。

 

 

 

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。