借金が膨れ上がる・・・

債務整理について

 

借金が膨れ上がってしまうと、返せなくなってしまいますよね。

 

そのようなときにはどうなるのでしょうか。まず、社会的信用を失うこととなり、権利に制限が課されるようになります。

 

今までは当然のように行っていたこともできなくなってしまいます。

 

金融機関で借りていた借金を返せない場合、ブラックリストに指名を掲載されてしまいます。

 

こうなるとほかの金融機関からは借りることができなくなってしまいます。

 

住宅ローンや自動車ローンを組むときにも組むことができなくなってしまいます。

 

至急現金が必要なときにもお金を借りることができなくなってしまいます。

 

そのため、継続してもしくは起源以内に返すことが必要です。また、金融機関によっては延滞金というものが発生します。

 

通常の返済額に加えて、延滞金というものが加算されていきます。

 

これは借りたときにあらかじめ設定されていることが多いですが、レートが高いため、額はどんどん上がっていきます。

 

そのため、返済していくのが徐々に難しくなっていきます。最悪の場合、裁判所で自己破産という手続きを取りますが、さまざまなリスクを伴います。

 

自己破産に至った経緯などを説明する必要などもあります。非常に手間と時間のかかる作業であるため、できれば避けたいところです。

 

しかし、実際には避けられないことが多く、やむを得ない場合が多いことも覚えておきましょう。

 

 

借金はいかなる理由があっても期日に返すことが大切です。