借金の時効について

借金の時効について

 

借金の時効までの期間は、どういった債務なのか、またどこから借りたのか、によって異なります。

 

例えば個人からの借金であれば10年、業者からであれば5年、飲食のツケであれば1年、商品購入時の買掛は2年、慰謝料は3年となっています。

 

これらの期間を過ぎても借りたお金を返せない、返したくないという時、法的に手続きなどを行わずに放置すると「踏み倒す」と言いますが、実際に成功する例は稀でしょう。

 

業者は何としてもお金を取り戻そうとしますし、貸主は一定期間事項を「中断」させることも可能であるからです。

 

 

また、キャッシングやクレジットの業者は、延滞先の時効までの期間をシステム的に管理していますので、時効が近づいて来たら支払い督促の申し立てに始まり、確定判決までの手続きを行います。

 

これにより本来5年だったはずの踏み倒しまでの時効がさらに10年間も延長されますので、合計で15年間借金の返済を迫られる生活になるのです。

 

さらに、業者は定期的に住民票で移転先を調べますので、住所を移すことも不可能です。

 

このように借金の踏み倒しを成功させることはほぼ困難ですので、少しでも借りているお金を返済していった方がずっと楽ですし、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談することで、解決の糸口が見えることもあるでしょう。

 

最悪の場合、債務整理をすれば借入残高が減りますので、完済しやすくなりますので、間違っても業者から逃げ切ろう、とは考えない方が良いでしょう。

 

 

 

関連ページ

借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
債務整理後の自宅について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理後、自宅の取り扱いについて
過払い金
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
過払い金請求について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。過払い金請求について
困ったら・・・
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
自己破産という方法
借金でどうにもならない方に、自己破産という方法など最短で多重債務を減らしていく方法です。