主婦の多重債務・多額借金

債務を負うということ

 

最近、主婦の多重債務者、主婦の多額借金者が増えているそうです。

 

消費者金融からの借金は、総量規制により収入の三分の一までという制限が付きました。

 

それでは主婦はどうなのかというと、配偶者の収入が考慮されることになります。

 

また、総量規制は貸金業法による規制なので、銀行法に従う銀行は対象外となります。

 

従って、主婦でも多重債務者、多額の借金を抱えて返済できない、という事態になることは、起こりえる問題です。

 

では、そのような多重債務者、多額の借金を抱えて返済できない場合にはどうするべきかというと、債務整理が最も解決に近い道です。

 

債務整理では、借金を減額して返済できる程度にしてもらうか、自己破産をするかという道になります。

 

ここで自己破産をするときに、心配になるのは、妻が自己破産をした時には夫や子供の財産はどうなるのかということです。

 

結論から言ってしまえば、自己破産はあくまでも本人のみに適用されるものですから、配偶者の所有している家や車、子供の玩具などは処分する必要はありません。

 

 

ただし、配偶者が連帯保証人となっていれば、話は別です。

 

その場合には、自己破産をした妻に代わって、夫が返済の義務を背負うことになります。

 

それから、配偶者に借金のことを知らせていない場合、さすがに自己破産をして自分の財産を全部処分してしまえばバレてしまいます。

 

そう考えると、返済からは逃れられないですが、返済の目処が立たせることが出来る任意整理であれば、秘密裏に事を運ぶこと出来ますから最善です。

 

その際には、弁護士や貸金業者から郵便物や電話が家に来ないよう、予め手配しておかなければ、意味がありません。

 

 

関連ページ

多重債務に限界を感じたら
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。多重債務に限界を感じたら・・・
借金が膨れ上がる・・・
借金が膨れ上がってくると・・・
債務整理を行った場合
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理について
ペットローンの滞納
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。ペットローンの滞納について。
債務整理の手続き
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
債務整理後の自宅について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。債務整理後、自宅の取り扱いについて
過払い金
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
過払い金請求について
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。過払い金請求について
困ったら・・・
借金でどうにもならない方に、最短で多重債務を減らしていく方法です。
自己破産という方法
借金でどうにもならない方に、自己破産という方法など最短で多重債務を減らしていく方法です。
借金の時効について
借金の時効について
債務を負うということ
債務を追うということについて。
過払い金はなぜ起こる?
過払い金はなぜ起こるのでしょうか。