多重債務について

債務整理について

借金が重なって返済できなくなると、身も心も大変つらく、ボロボロになってしまいます。そうならないために、多重債務について知識を持ち、対応できるようになりましょう。

 

多重債務について記事一覧

多重債務に限界を感じたら、では直ちに弁護士さんに相談する事が大切です。多重債務に限界を感じるは、多分返済のためにどんどん借金を繰り返している実態と思います。それはもう雪だるま式に借金が増えていくだけです。至急債務整理を得意としている弁護士さんに示談ください。否、示談しなくてはなりません。多重債務の末路は果たしてさみしいものになってしまう。マイホームもマイカーも無くなってしまう。もしかすると大好きな...

借金が膨れ上がってしまうと、返せなくなってしまいますよね。そのようなときにはどうなるのでしょうか。まず、社会的信用を失うこととなり、権利に制限が課されるようになります。今までは当然のように行っていたこともできなくなってしまいます。金融機関で借りていた借金を返せない場合、ブラックリストに指名を掲載されてしまいます。こうなるとほかの金融機関からは借りることができなくなってしまいます。住宅ローンや自動車...

多重債務で債務整理を行った場合、債務整理には、自己破産、過払い金返還請求、任意整理、個人再生などがあります。多重債務で借金が支払えなくなった際に、法律上支払い義務から開放される制度になるため、債務整理を行うことで借金生活から脱却が可能となります。債務整理を行うことで、借金が免除され、以前までの普通の生活に限りなく近づくことができるようになります。しかし、デメリットもあります。最大のデメリットは、個...

ペットローンの返済を滞納すると、愛するペットはどうなってしまうのでしょうか。債務整理の進め方をやり遂げる段階で甚だ気になってしまうと思います。絶対にペットだけはさよならしたくない!ペットを飼われてあるヒューマンだったら誰もがそんなに思いますよね。ではペットローンの返済も滞納が進んでしまっていた場合は実にどのような処遇になるのでしょうか。俺がお勧めするのはではひときわ、債務整理を得意とする弁護士さん...

多重債務が原因で債務整理の手続きの方法は、債務整理の方法によって異なります。まず私的な債務整理である任意整理の場合には、司法書士や弁護士などに相談をして行うことが一般的です。費用など、法律家によって異なりますので、相談をする法律家をしっかりと選びましょう。公的な債務整理の方法として、特定調停による整理、個人再生手続きによる整理、自己破産による整理があります。特定調停の場合には、裁判所で調停員を介し...

債務整理をした後に気になるのが自宅はどうなってしまうのではないかでしょうか。基本的に債務整理をしてしまうと、その後は自宅を手放してしまわないといけないと思いがちですが、方法にょっては残すことが可能となっています。住宅ローンが残っている場合ですと、債務整理をするということは住宅ローンを支払わないということなので当然ですが自宅を手放すことになります。逆に自宅を手放さないということは住宅ローンを支払うこ...

過払い金とは、どのようなものかというと、簡単に言うと、払い過ぎたお金のことです。消費者金融などの貸金業者が、利息制限法の上限を超えて取り続けていた利息のことで、知らず知らずのうちに取られ続けてきた払い過ぎた利息になります。本来支払う必要がないにもかかわらず,貸金業者に支払い過ぎたお金が過払い金であり、借入期間が5年以上で金利が18%を超える人は、過払い金が発生している可能性が高くなります。過払い金...

多重債務から発生する過払い金返還請求の流れは、どのようになっているのかというと、まず法律事務所に依頼します。過払い金の返還請求手続を事務所に頼むと、受任通知を貸金業者に発送してくれます。そうすると、債務が残っていても、返済取立がストップします。次に、利息制限法にもとづく引き直し計算が行われます。法律事務所は、貸金業者から開示された取引履歴をもとにして、法定金利に引き直し計算をします。これにより、正...

大変便利で生活を豊かにしてくれるキャッシング、利用している方も多いと思います。計画的な利用を心がければ便利な事この上ないサービスではありますが、その便利さゆえについ陥ってしまいがちなのが多重債務です。多重債務は複数の金融業者から同時に借り入れすることを指し、この状況は返済に窮してしまう事も少なくありません。もし多重債務により生活に支障をきたした時には、返済の一本化を強くお勧めします。おまとめローン...

自己破産の手続きは、同時廃止手続の場合、法律事務所が受任後、貸金業者の取立と返済をストップします。その後、利息制限法の法定金利への引き直し計算をして、申立書類の準備をします。裁判所で受付を済ませて裁判官と面接を行った後、破産手続開始決定となります。そして免責審尋をした後、免責許可が決定します。免責許可決定後1ヵ月経過すると、免責許可決定が法的に確定します。自己破産するには、裁判所に破産申立書を提出...

借金の時効までの期間は、どういった債務なのか、またどこから借りたのか、によって異なります。例えば個人からの借金であれば10年、業者からであれば5年、飲食のツケであれば1年、商品購入時の買掛は2年、慰謝料は3年となっています。これらの期間を過ぎても借りたお金を返せない、返したくないという時、法的に手続きなどを行わずに放置すると「踏み倒す」と言いますが、実際に成功する例は稀でしょう。業者は何としてもお...

個人が欲しい商品があるときには、お金を借りて、つまり債務を負ってそれを利用して入手をするというスタイルがあります。また、企業においてはお金を借りて、つまり債務を負って設備投資を実行して、それによって利益を稼ぎ出すということをします。すなわち、個人としても企業にとってもお金を貸してもらうという債務の場面が存在しているということです。さらに、個人と企業はともに借金返済という義務を背負っているという点が...

最近、主婦の多重債務者、主婦の多額借金者が増えているそうです。消費者金融からの借金は、総量規制により収入の三分の一までという制限が付きました。それでは主婦はどうなのかというと、配偶者の収入が考慮されることになります。また、総量規制は貸金業法による規制なので、銀行法に従う銀行は対象外となります。従って、主婦でも多重債務者、多額の借金を抱えて返済できない、という事態になることは、起こりえる問題です。で...

過払い金というのは、よく話題になりますが、なぜ過払い金が起こるのでしょう。そもそも過払い金というのは、グレーゾーン金利である無効部分の利息を元本に充当していくことで発生するものです。借金をして支払期間が長くなると、元本を超えて払い過ぎている部分ができてくるのが過払い金なのです。過払い金は、利息の上限を定めた出資法と利息制限法との相反する二重の法律があることで発生します。利息制限法は、借入金の元本額...

最近、主婦の借り入れが容易になったためか、主婦の多重債務者が増えてきているようです。借金があるのは主婦本人なのかご主人なのかにもよりますが、返済できないのであれば無料の法律相談が都道府県にありますから知恵をかりに行くことが一番です。次に都道府県の議員さんが開いている無料何でも相談がありますから自分の住んでいる一番小さな地区割りの議員さんに相談する方が、議員さんの仕事の名を上げることになるのでお互い...

過払い金は個人で計算出来るのでしょうか。結論から言うと、個人でも計算は可能です。しかし、それは簡単ではありません。なぜなら、過去の借金に過払い金が生じていたとしても、消費者金融のほうから債務者に連絡があることは決してないからです。支払い済みの借金については、まず連絡がないのが普通です。過払い金を個人で計算するには、過払い金が発生しているのかを自分で調べて、業者に請求しないといけません。そうしないと...